豪ドルの歴史と為替相場について考えてみた

外国為替の運用でとても人気がある通貨が、豪ドルだといいます。

世界に豪ドルという通貨が出てきたのは1996年で、
オーストラリアポンドがオーストラリアでは利用されていたそうです。


ポンドという名称が示すとおり、
英国通過を中心としたポンド通貨圏に属していました。


英国ポンドからは、豪ドルとなったことで離脱しました。

1990年後半にアジア通貨危機の為替の影響などでオーストラリアの景気が悪化しました。


豪ドルは下落局面に入っていましたが、
2000年に為替レートは底を打ち、以後は徐々に上昇局面に入ります。


資源国である豪ドルが注目されたのは、
中国やインドの景気が回復し、資源価格が上昇したからだそうです。


豪ドルに長期間利上げがあったことから、
大勢の人が購入したのです。

2007年に世界的な金融危機を受けて資源価格が大幅に下落しました。

豪ドルから利下げをされたことで投資マネーが流れ出てしまいましたが、
その後はだんだん改善してきています。


今後の見通しとしては、
大規模な経済対策と中国向けの輸出拡大を追い風に、
豪ドルは成長が見込まれる貨幣です。


インフレの高まりや金融規制の強化などがリスク要因としてあげられますが、
為替差益を得るためには豪ドルは重要な貨幣になると考えられるでしょう。

このページの先頭へ