為替の見通しがつかない時

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析など
さまざまな為替の見通しの方法があるといわれています。


上手に分析法を使えば、
値動きの見通しが誰でも簡単に立てられるかというと
そういうわけでもないようです。


分析結果によって得た見通しと正反対の値動きをされたり、
差益や差損が大きくなりすぎて判断が狂うこともあります。


分析の方法は理解できても、
特に初心者は見通しを立てられるわけではないようです。


為替の見通しがつかない人でも、
スワップ金利を期待して長期的に通貨を保有し続けることはできます。


求めるような効果は、
何度も見通しが立たない人が通貨の売買をしてもないといえます。

入り口ルールと出口ルールを明確にし、差益を求めすぎないようにします。

豪ドルの格付けは比較的良く、信用力が高いことがわかります。

豪ドル円、豪ドル米ドル、ユーロ豪ドルなどの為替取引がFXではよく行われています。

高い金利である豪ドルを使って外貨預金をすることで可能になるのは、
貯金を日本円でするよりも高い金利を得ることだそうです。


払い戻しの際には豪ドルを売って日本円を得る手続きが必要なため、
レートによっては為替差損が生じる可能性があります。


税引後の受け取り金利と、 元金に対する為替損がいくらになるかを計算をすることが、
豪ドルでの外貨預金をする場合には不可欠だそうです。


旅行などで豪ドルを必要とする場合、まとまった金額を換金せずにおきましょう。

レジットカードが使えるところではカード払いにし、
あとは銀行にこまめに行って円を豪ドルに換金するほうが為替損が生じずに済むといいます。

このページの先頭へ