発展途上国の通貨でFX

発展途上国の通貨を扱ってFX取引を行ってみませんか。

今はユーロもダメ、アメリカも超低金利が続くと予想され、
日本も大増税時代に突入しそうでダメ。

そうなると、これからは発展途上国が
世界経済を支えていくことになります。


中国やブラジル、インドなどがその例です。

答案アジアの国々も力をつけつつあります。

そんな国々の通貨をFXで取引してみましょう。

扱っている通貨の中に発展途上国があれば、
そこに投資してみましょう。


しかし、中国の通貨元はFX取引はほとんどできませんので気をつけてください。

でもそのうち、できるようになることでしょう。

FX取引で重要なのはリスクカットです。

損を出したくないと考えるのはみんな一緒です。

そうすると損を出すものを手放したくなくなります。


しかし、今持っている損失をそのまま放置しておくと
損失はもっと大きく可能性があるのです。

今損を出す取引を行えば、数万円の損失で済むところを、
数ヶ月損失を放置しておくと数十万円にも膨らむこともあるのです。


そうなる前に、ささと手放すのです。

自分の意思ではなかなかリスクカットできないというのならば、
機械にやらせましょう。


これ以上損が出たら取引を行えとプログラムしておくのです。

そういう機能も付いています。

このページの先頭へ